優しさの中には、母としての強さと知恵と許しがあります。母親・ママ・妻・シングルマザーとして、わが子の人格形成や反抗期、病気、障害児、受験生の対処法など、優しいママになるためのヒントを提供していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
98点を取って喜ぶか、悔しい思いをするか?

80点を取ってまずまずと頑張りを認めるか、次はもっと頑張ろうねと催促するか?


実は、我が家では1999年8月ごろには、点数をほめたりしかったりするするより、わが子がどれだけ頑張ったかをほめてあげると決めていました。

つまり減点法より加点法を採用していました。

ただ、長男は、きちんと自分の悪かったところを分析でき、対策を立てる子だったので、加点法は有効でしたが、今度は、2番目の子については、あまり無条件に加点法でいくと、ずるずる点数が下がってしまいました。

だから、テスト等で間違ったところをきちんと修正し、今後二度と間違わないようにしっかり復習できるようにしてからはじめて加点法は生きてくるのだと思います。

ママに経験者からのアドバイスです。

点数については、小学校6年生までは、きちっと間違えたところは一緒に問題を解き直してあげてね。
また、子どもによっては、計算の得意な子もいれば、文章表現・芸術表現・スポーツの得意な子もいます。一律に考えないでください。
得意分野の方面では、加点法でどんどん伸ばしてあげてくださいね。
子どもの潜在能力を解き放つのは、両親であり、よき指導者・コーチであるのですから。



怒って落ち込むより、優しく叱るママになれる方法を知りたい方は他にいませんか?

http://www.yasasiimama.com/ai/sikaru.html


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigoq.blog92.fc2.com/tb.php/27-9f5490c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。