優しさの中には、母としての強さと知恵と許しがあります。母親・ママ・妻・シングルマザーとして、わが子の人格形成や反抗期、病気、障害児、受験生の対処法など、優しいママになるためのヒントを提供していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[出典]
列女伝(れつじょでん)
母儀伝(ぼぎでん)
鄒(すう)の孟軻(もうか)の母

[意味]
子どもの教育によい環境を選ぶこと。
孟子(もうし)の母は、最初は墓地の近くに住んでいました。
そのころは、孟子が葬式のまねをよくして遊ぶので、市場の近くに引っ越しました。
すると、こんどは商売のまねをして遊ぶので、塾のそばに引っ越しました。
孟子は礼儀作法など学習のまねごとをするようになりまた。

それで、母は初めて安心して住居を定めたという故事です。
「三」は、文字どおりの三回という意味ではなく、たびたびの意。
「三遷の教え」ともいう。

この孟母三遷の教えをヒントに、子どものために何ができるかと言えば、いい環境に引っ越すというよりも、孟子のようによき影響を受けることが大切だということです。

ということは、よく医者の子どもが医者を目指したり、政治家の子が二世議員になったりするように、子どもは親の影響を一番受けるということです。

つまり勉強好きなママからは勉強好きの子どもができるということです。
1ヶ月で数冊の本は読破するママでありたいですね。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigoq.blog92.fc2.com/tb.php/17-47397fe8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。