優しさの中には、母としての強さと知恵と許しがあります。母親・ママ・妻・シングルマザーとして、わが子の人格形成や反抗期、病気、障害児、受験生の対処法など、優しいママになるためのヒントを提供していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アトピー性皮ふ炎というのは、先進国の中で、日本が突出しているそうです。

これは、欧米の国に比べて日本の水道水は塩素の使用量が圧倒的に多いためと関係があるそうです。

日本の水道水の残留塩素では、ドイツのプール用の水にでも適合しないのです。

確かに、塩素は安全な飲み水にするために、浄水場で、殺菌するために使用しますが、反面、毒物なので、身体に影響があるのも事実です。

残留塩素の水は、たとえて言うと、あの臭いの強い塩素系漂白剤で薄めた水であると表現していたサイトもありましたが、そういう見方をすれば浄水器などは必須だと思います。

この水道水の残留塩素によって、皮ふのバリア機能が低下して、細菌に感染しやすくなった状態がアトピーの正体です。

特に、乳幼児のお子様なら、まだ食べ物の蓄積などが少ないので、水道水の塩素の影響は大きいそうです。

これから赤ちゃんを産むママとその予備軍の方、産湯は水道水ではなく、塩素を取り除いた浄水を使用するように、病院などにお願いしておきましょう。ミズの確認は必要です。

ママの羊水の中にいてまったく純粋無垢な皮ふの赤ちゃんにいきなり塩素系の漂白剤で薄めたお湯の中に入れるのですよ。

そして、退院して家に帰っても赤ちゃんにとっては、刺激の強すぎる水道水でお風呂に入れ続けてしまうことが多いです。

気がついてみれば、わが子はいつの間にかアトピーと診断され、たとえば大豆などの食べ物の制限をして、栄養が偏り、ますます抵抗力が弱まり、アトピーがひどくなって、大人になっても治らず、ずっと苦しむことになります。


だから、アトピーが治る簡単な方法を教えます。

生活水から塩素を除去し、使用することも解決策の一つです。

実際、1ヶ月ハワイに行って2歳のアトピーの息子さんが劇的によくなったり、お風呂用の浄水器、塩素除去シャワーヘッドでアトピーが治る例は枚挙にいとまがありません。つまり、水道水のままでは使用しなかったということです。

ちょっとしたことですが、親が気をつけてあげることによって、アトピーからわが子を守ってあげられるのです。

既にアトピーになっているわが子がいれば、しっかり塩素対策を取ってあげて、笑顔を取り戻してくださいね。



怒って落ち込むより、優しく叱るママになれる方法を知りたい方は他にいませんか?

http://www.yasasiimama.com/ai/sikaru.html


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。