優しさの中には、母としての強さと知恵と許しがあります。母親・ママ・妻・シングルマザーとして、わが子の人格形成や反抗期、病気、障害児、受験生の対処法など、優しいママになるためのヒントを提供していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
清貧の思想を肯定して子どもの無限の可能性の芽を摘んではいけません。

清く貧しくではなく、清く豊かになり、世のため、人のために大きな仕事ができるほうがいいに決まっています。

では、お金に不自由しない子どもに育てる大切なポイントを3つあげます。

一つは、他人に依存する態度を身につけさせないことです。
お分かりでしょうが、反対は援助・補助を求める心です。これを国家の単位で行ったのが今の日本であると思います。
その結果、いつのまにか借金世界一になっています。そのために消費税の増税の計画がありますが、負のラスパイラス状態になっています。

では、どうすればいいかといえば、

二として、お金は周りの人を喜ばせて貰うものであることを教えていきます。
つまり、子どもがある年齢に達したら、家事のお手伝いをしてもらうようにします。そして、お手伝いができた対価として、お駄賃をもらうことを教えてあげるのです。
お金はいい仕事をして、相手や周りが喜んで、その対価としてもらえるものだという刷り込みをしていくことです。
決して、楽して儲けようと思わせないことです。食品偽装の問題などは、この第二の法則が欠如した大人の仕業であると言えます。

そして、三として、無駄づかいはしない。
せっかく得たお金は意味のないこと、無駄なことに使ってしまえば、お金がないことより、惨めで貧しい結果になると教えていくことです。
何十年の続いて税金の無駄づかいが指摘されていますが、この第三の法則が欠如した役人たちの仕業であると言えます。
「節倹」という言葉がありますが、無駄なことに使わず、大事なことのために使うという意味です。よりいい仕事のため、より多くの人の幸せのためにお金を使っていくことです。そうすれば、今の日本は、借金をなくし、豊かさを蓄えていくるようになるのですが…、このような哲学を語れる政治家の出現が望まれます。
スポンサーサイト
“C”というのは、炭素の原子記号です。

ダイヤモンドはすべて炭素からできています。
炭素原子を高温・高圧に通して人口のダイヤモンドをつくることもできます。

ただ、天然のダイヤモンドと人口のダイヤモンドは光り方が違います。人口のダイヤはキラキラと輝きすぎて、自己主張の強い輝きのようだと言われます。
しかし、ほんものの天然のダイヤモンドは底光りのする輝きで、人の目をダイヤモンドの中に引き込んでいく美しさがあります。

長い年月土中の深いところで、熟成されていく本物と違い、一夜漬けでさっと出来上がるイミテーションの違いでしょう。

優しさも同じだと思います。マニュアル本の付け焼刃的対応ではなく、あなたの心の中から醸し出してくる優しさというものを目指したいですね。

本物と偽物の見分けるためには、本物を知ることしかないそうです。

多くのママと一緒に本物の優しさを発見しながら熟成していきたいと願っています。



怒って落ち込むより、優しく叱るママになれる方法を知りたい方は他にいませんか?

http://www.yasasiimama.com/ai/sikaru.html


「行ってきまーす」
「行ってらっしゃーい」

「ただ今ー」
「おかえり」


この当たり前の会話が毎日ある家庭はいいですね。
まだ、どこにも通わない乳幼児なら、

「おはよー」
「おはよう」

「おやすみなさーい」
「おやすみ」


大きくなるといつの間にかあいさつができなくなる若者がいますが、やはり家庭教育が大事だと言わざる得ないと思います。

習慣で自然と身についたものは当たり前にできるようになりますけど、大人になって急に教育されても、いろいろな打算が働いて自然なあいさつができなくなります。

ここで、優しいママへのヒント

1オクターブ高い声で「おはようー」と言ってみてください。
たとえ、中学生の息子や娘が、1オクターブ低い声で「おはよう」と言ってもママの1オクターブ高い明るい元気な「おはようー」は家族全員に今日の元気、今日の活力を与えることができます。

優しいママを目指しているママ、「こんにちは~」



怒って落ち込むより、優しく叱るママになれる方法を知りたい方は他にいませんか?

http://www.yasasiimama.com/ai/sikaru.html



『1リットルの涙』のテレビドラマの中で、原因不明の難病・脊髄小脳変性症を発病し闘病生活をしていた木藤亜也さんが、妹に「いつも同じ服ばかりでごめんね」、弟に「中学生になっているのに、小学生のときからのスポーツバックでごめんね」、一番下の妹に、「絵の具出なくなるまで押しつぶして使っているんだね。はい新しい絵の具」と言ったシーンがありましたね。
(台詞は少し違っているかもしれません。)

このとき、おかあさんが「おねえちゃんは、おかあさんよりもみんなのこと見てくれていたんだね」と妹たちに言った台詞が感動的でしたね。

この関心を持ち続けることが優しさであり、愛ですよね。
言葉や文章で言うのは簡単ですが、いざ本当に自分ができているかを振り返ってみますと、ついつい仕事が忙しかったり、家事が忙しかったりしたときに、ちょっとだけ薄れていることがあったかもしれません。なかなか難しいのかも。

だから、1リットルの涙の亜也さんのあのシーンで感動の涙が出るのでしょう。

実は、関心を持って見ているとどうなるかと言えば、相手の心の思いがキャッチできるようになります。
例えば、あの1リットルの涙のシーンでは、妹は、ずっと同じ服ばかりなので、たまには新しい洋服を買ってもらっておしゃれしたいという願望があり、それを発信したことがあったのでしょう。その妹の発信した願いを姉の亜也さんはキャッチしていたのでしょう。
関心を持っていれば、いろいろな思いを情報として受け取れるようになります。

だから、ただ、見ているからよいのではなく、対象の人の心の中の声を受け止めてあげるようにしたいものです。

優しいママへのヒントとしては、かわいいわが子の発信する喜怒哀楽を見逃さないように。
でも、見逃さなくするためには、関心を持ち続けることが大事です。

       





怒って落ち込むより、優しく叱るママになれる方法を知りたい方は他にいませんか?

http://www.yasasiimama.com/ai/sikaru.html



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。