優しさの中には、母としての強さと知恵と許しがあります。母親・ママ・妻・シングルマザーとして、わが子の人格形成や反抗期、病気、障害児、受験生の対処法など、優しいママになるためのヒントを提供していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月23日に、鹿児島市で下校途中の小学3年の男児(8)が「男からカッターナイフのようなもので切りつけられた」との被害を訴えた事件は、男児の自作自演であると発表されました。

男児は
「うそをついていた」
「手は草で切った。(騒ぎが)こんなに大きくなるとは思わなかった」と話しているが、明確な動機はまだ判明していない(鹿児島南署)という。

もし、加古川市の少女殺傷事件を真似た模倣犯もどきの狼少年事件であるとすれば、マスコミ、特にテレビのワイドショーなどの報道姿勢はもう少し反省し、改めなければならないと思います。

自殺の連鎖ではないにしろ、殺人事件を面白がって騙す手段にしてはいけないと思います。

やはり、日ごろから、親としては、テレビの流す事件に流されてはいけないと思いますし、子どもに犯罪は憎むべきもので、被害者にも加害者にもなってはいけないと常に教えていかなければいけません。

そして、あなたが、わが子をどんなに愛しているか、そして被害にあった少女の家族がどんなに少女を愛していたか、そして、その少女を亡くした家族はどんなに悲しんでいるのかを話してあげることです。

そういう人間としての自然の感情である喜び、怒り、哀しみ、楽しみ(喜怒哀楽)が出なければいけません。

他人の感情に鈍感であってはいけません。家族でよく話をすることです。

他人の感情に鈍感であるから、いじめが悪いことだと思わないのです。


幼いわが子を守る意味でも、痛ましい事件が起きた時でも、被害者とその家族の悲しみを話してあげてください。

あなたの家庭から、家庭ユートピアの一輪を咲かせていきましょう。



スポンサーサイト
わが子には将来社会で成功してもらいたいと思うのは、優しいママとしては当然ですね。

そのため、ぜひともつけてあげたいのが「読書の習慣」です。

社会で成功している人のほとんどは、「知識」か「経験」が豊かな人であることが多いと思います。

その知識と経験は、読書によって多く得られるのです。

まず、読書によって大量の知識が得られ、また、冒険もののように他の方の経験を疑似体験できます。

宇宙の神秘に触れ、宇宙飛行士になったり、宇宙開発事業で成功を収めたりするようになるかもしれませんね。

SFを読んで、未来社会において必要なクリーンエネルギーを開発するような子が出てきてほしいですね。

読書というものは、わが子の人生を大きく変えていく要素です。

ただ、マンガのようなものではなく、何百ページもあるような書物を読んでいくためには、根性がいります。簡単に読み終えることができないから。

だからこそ、読書をとおして、怠け心に打ち克つ力や、困難に負けない気力のようなものが養われていきます。

ものごとを成し遂げ成功する人と成功しない失敗する人とも違いは、最後まで粘りぬくというところです。

人生にはいくつも壁や困難が立ちはだかってきます。逃げる人は、傾向性ができるみたいに、いつも逃げてしまいます。

だから、読書によって、やり遂げる習慣をつけてあげられると、これは親業・母親業としては、全体の半分以上の評価を受ける仕事になります。

わが子には、まず、読書をはじめたら、1冊読みきらせることです。

次に年間読破目標を決めて、サポートすることです。

読書の習慣によって、わが子を成功の道へと歩ませることができるようになります。

母親として、いつでもよき教育者でありたいですね。

巷には、子育てマニュアル、教育マニュアル等いろいろあります。

そのマニュアルを実践して、効果が出る場合もあるし、自分のところでは効果がなかったという場合もあるでしょう。

特に、子育ては各家庭において千差万別でありますから、これ一つでいいというものはあるはずありませんよね。

そこで、ママ初心者でも、どなたでもうまくいく方法はないのかと思いますよね。



ありますよ。

実は、母親コーチングをする前に、自分がまず母親コーチをつけてみることです。

子育て・教育マニュアルや教材だけを買って、試行錯誤しながらやっていくのがいいか、よきコーチとなってあなたがそのマニュアルをやっていくのがいいかを考えてみてください。

よきコーチに変身しながらのほうがいいですよね。


自分がコーチングをうけてみてはじめて、コーチングする注意点がわかったという感想もあります。

母親塾優しいママでは、どのコースであっても、電話・スカイプ・メールを使っていつでも相談ができます。


あなたのコーチング力はとても大事です。なぜなら、それによってわが子の将来も大きく変わっていくのですから…。

「あれなに?」 「これおしえて?」 「これどういう意味?」

「もー、うるさい!」


わが子は好奇心のかたまりですね。
物心ついた頃から小学生のころまでは、特にいろいろママに質問してきます。

できるだけ子ども目線で答えてあげていたのに、最後に、ちょっと、黙っていてね、なんて言ってしまうことがありませんか?


テレビやビデオを大人と一緒に観ていて、分からないことが出てくるとすぐに「あれは、どういうこと?」と、うるさく聞いてくる子どものほうが、黙っておとなしく観ている子どもよりも、勉強ができるようになるのです。

だから、わが子が、うるさく聞くことなく、おとなしく見てるようですと、それは自慢でもなんでもなく、実は、わが子の好奇心、向学心、研究心というものを親であるあなた方が削ぎ取っているのかもしれません。

そういえば、発明王エジソンも、質問ばかりして先生たちにうるさがられましたよね。

そのエジソンの才能を信じて、伸ばしてあげたのがエジソンの母でした。

見習いたいですね。

「怒って落ち込むより優しく叱るための7つのステップ」ってどんな内容か?

わが子に言ってあげたい言葉の発見


二人兄弟のママとします。

上の子は比較的よく勉強ができる子でしたが、下の子はもう少し頑張らないといけない子でした。

ある日、下の子が、算数のテストを持って帰ってきた。

「ママ、ほら、僕テストで60点を取ったよ。」

「よく頑張ったね。 …お兄ちゃんはいつも100点だったよ。

 ○○ちゃんも弟だから、きっと100点が取れると思うよ。頑張ってね。」


この言葉の間違いが分かる方は、セカンドステップはできていると思いますが、
分からないママは、要注意です。

他人と比較されて嫌な思いをしたことはありませんでしたか?

知らず知らずの間に、わが子の心をやる気をなくしてしまっていませんか?

ほんとうにわが子のために、励ます言葉を言ってあげたいですね。

わが子の心を傷つけないためにも、マニュアル「怒って落ち込むより優しく叱るための7つのステップ」を勉強しておいてくださいね。

「怒って落ち込むより優しく叱るための7つのステップ」ってどんな内容か?

わが子に言ってはいけない言葉の発見

わが子が90点取って帰ったとします。
あなたは「よく頑張ったね。」とわが子をほめてあげると思います。
そして、「今度はもう1点上を取ってきてね。」と、励ますつもりで言います。

この言葉の間違いが分かる方は、ファーストステップはできていると思いますが、
分からないママは、要注意です。
わが子に言ってはいけない言葉を連発している可能性があります。



えっ?そんなこと言っていない?
「この前は100点だったのに、どこを間違えたの?」「間違ったところをきちっと復習し、今後は間違わないようにね。」

きっちり教育管理のできているママみたいですね。
おそらく中学受験の合格の可能性は高い方でしょうね。

この言葉の間違いが分かる方は、ファーストステップはできていると思いますが、
分からないママは、要注意です。

やがて、わが子が反抗期になったとき、どう対処したらいいのか分からなくて困り果てるでしょう。

優しさが足りないから…。


そのようにならないためにも、マニュアル「怒って落ち込むより優しく叱るための7つのステップ」を勉強しておいてください。


今まで、自分の口から出る言葉にあまり関心を持っていなかったと思います。
でも、振り返ってみると、否定的な言葉・わが子に言わなければよかった言葉の多さにびっくりするはずです。


そのようにならないためにも、マニュアル「怒って落ち込むより優しく叱るための7つのステップ」を勉強しておいてください。

・初めてママになる方・なった方
・妊婦
・乳幼児をお持ちの方
・幸せな結婚をしたい適齢期の女性

 親子の縁について考えたことありますか?
 あなたの遺伝子を受け継いでくれた子どもです。
 この種をどう育てるかが、母親としての聖なる仕事ですよね。
 わが子を育てながら、母親になっていくための内容を知ることも大切です。

 妊婦さん、胎教に一番大事な心がけを知っていますか?

妊婦であるあなたはこんにちは赤ちゃんコースを学んでいますと…、

あなた自身も不安なく、ゆったりとした気分で胎児を優しく包んであげることができるようになります。

生まれてくる前にしっかり心構えができていますので、出産後の育児に不安がなくなります。

乳幼児のママのあなたはこんにちは赤ちゃんコースを学んでいますと…、

子育ての方向性が分かり、わが子に応じて臨機応変に対応できるようになります。

子育てを通して、母から母親へと変わっていくことができるようになります。

優しいママになりたい!
母親塾優しいママ

【管理人の独り言】
先週から長男が新しい職場に行っている。新しい環境なので様子を聞いてみると、早く行って何もすることがなかったので、トイレ掃除を自主的にしたと言っていました。事業の発展の鍵の一つにトイレ掃除があるが、家では一切しなかった息子が会社のトイレを一生懸命していると聞き、何か頼もしくなったなと感じ、とてもうれしかった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。