優しさの中には、母としての強さと知恵と許しがあります。母親・ママ・妻・シングルマザーとして、わが子の人格形成や反抗期、病気、障害児、受験生の対処法など、優しいママになるためのヒントを提供していきます。
優しいママ
 優しい母親・ママとして、優しい妻として、シングルマザー等として、小学生(学童期)の人格形成や反抗期の対処法、病気・障害児ママの対処法、受験ママの対処法など、母親への悩み相談やコーチングを行っています。


■スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
内閣の首脳が自分の発言が原因で迷走していると批判されていますが、一連の発言、流れを見ていて、感じることを書きます。

やはり発言は一貫していなければ信頼は得られないですね。

言葉は、その前提にある自分の心の中にある思いが具体化したものです。

言葉がブレるというのは、考えていることもブレているという表れです。


政治は妥協の産物だという考え方があるが、発言も妥協的にコロコロ変えていいというものではないはずだ。

母親としては、一貫して、子どもの未来を信じて信頼し続ける態度と言葉をかけていかなければならないと思います。



スポンサーサイト
昨年12月、突然、派遣契約を打ち切られ住むところと職を失った人が大勢出ました。
とても悲惨な出来事でしたが、一方で、派遣村というボランティアの人たちが出てきて、住むところを失った方々に、住むところを提供していました。

日本でも、ボランティア精神が根付いてきたことの査証ですね。

アメリカでは、このような出来事に対しては、さまざまな教会が困った人を救済し、そこに信者もボランティアに参加するのが当たり前なんだそうです。

キリスト教的愛の精神が深く発揮されています。

一方、仏教国である日本は、一般の方々のボランティアによって行われている点においては、素晴しいことですが、本家本元の宗教団体の活動については、少なくとも行われているのかどうか分からない状況です。もっと頑張ってほしいものです。

こんな時だから、家庭でボランティアについて話し合うのもいいのではないでしょうか。
困った人を助けるためには自分たちは何をすべきか。
助けられる側に回らないためにどのようにすべきか。
短期・中期・長期的な考え方などして話し合ってみるのもいいのではないでしょうか。


今日は我が家では記念日です。

お父さんの誕生日です。一家そろってのお祝いのケーキが楽しみです。

ところで、新聞やテレビで知りましたが、

今から50年前、南極観測船で、南極大陸に行って置き去りにされた、

カラフト犬のタロウとジロが見つかった日なのだそうです。

昔、映画もありましたね。

とても感動した覚えがあります。

そのタロウとジロウにちなんで今日は「愛と希望と勇気の日」と制定されました。

一方では、今日も暗いニュースが流れていました。

母親が、幼いわが子の点滴の中に腐った水を入れて殺していました。

母親の愛はどこに行ったのでしょうか?

一人ひとりが希望を持って生きられる世の中にするためには、小さな愛でもいいから、勇気を持って実践する人が一人でも多く出てくることを祈ります。

そして、私自身も、必ず、毎日3つのいいことをやっていきたいと思います。

こんなご時勢だからこそ、これから家族で「愛と希望と勇気」について語り合うのもいいのではないでしょうか。
学力が大きく差がついているのに、同じ教室で学ぶのは本当にいいのでしょうか?

現状を見ると、勉強についていけない子どもたちはだんだん学校に行きたがらなくなっています。

年々、不登校の子の割合が上昇しています。

ただ、それだけが原因ではなく、トップクラスの子どもたちも、学校に魅力を感じなくなり、だんだん学校に行きたがらなくなり、塾のほうを自分の学力向上・得点力向上のための場としている。

ほとんどの方が、疑問に感じつつも、学校と塾というダブルスクールに子どもをやってしまいます。



あなたは、わが子にできないことでも無理にさせようとしますか?

あなたは、わが子にできていることであっても数年前のことばかりさせようとしますか?


しませんよね。

ちょうどいい内容を学ばせたり、させようとしますよね。


学校も習熟度制にならないのかな?

場合によっては、飛び級もあってもいいのでは?

今年、ノーベル物理学賞や化学賞を日本人・日本民族が受賞しましたが、いままで、ほとんどの方はアメリカなどに海外流出していました。

できる子はもっとできるように制度的にバックアップしていかなければ、これからの日本において、天才が出ることはあまり期待できない。


いろいろのところで歪みが起きている日本。教育は、国家百年の計と言われています。

一律平等主義の教育では、低いところで平等にするしかできないので、一人ひとりに合った習熟度制を基礎に、よりできる子は、飛び級によってさらに上を目指せるようにしてほしいですね。


ともあれ、わが子に対しては、一喜一憂せず、その子に合った対応・対策を立ててあげたいと思います。


怒って落ち込むより、優しく叱るママになれる方法を知りたい方は他にいませんか?

http://www.yasasiimama.com/ai/sikaru.html


限定という言葉を見るとつい買おうかなと思うのが人情ですね。
子どもたちも、マッ○のおまけのおもちゃをテレビで見ると、今度、マッ○に行こうといい始めます。

私はというと、あまり市販されていないモノですというと、怖いもの見たさから、買うことが多いです。
だって、はじめはあまり宣伝費がかけられないことはよく知っていますので。

で、最近買ったベストなモノはコーラルサンド©です。
大腸菌、サルモネラ菌、ノロウィルス、枯草菌、黄色ぶどう状球菌、鳥インフルエンザウィルスまでも一瞬で制菌し、永久に菌が繁殖せず、サンゴカルシウムが補給できるすぐれものでした。

あまりお店には置いていないそうです。

とても安全で安心。美味しいですよ。



怒って落ち込むより、優しく叱るママになれる方法を知りたい方は他にいませんか?

http://www.yasasiimama.com/ai/sikaru.html





お子様と一緒に夕飯を作ったりしていますか?

我が家では、お好み焼きをする時に、子どもたちにも作ってもらうようにしています。

そして、子どもたちに我が家の味を伝承しています。

お休みの日の午後、炭火焼パーティーを開くときも、子どもたちにしっかり担当してもらっています。

炭火焼ですから炭に火をつけるのですが、なかなかうまく火を熾すことができません。そんな苦労を息子と共有しています。

また、娘には、お皿に盛り付けをしてもらっています。大半は、母親である私がするのですが、娘にも手伝ってもらっています。

どれだけ、我が家の味、お袋の味を伝えることができるか分かりませんが、きっと将来、子から孫へ、私たちの味が伝承されていくと思い、しっかり伝えていきたいと思います。

心はいつも最愛の子どもたちの幸福を願っています




怒って落ち込むより、優しく叱るママになれる方法を知りたい方は他にいませんか?

http://www.yasasiimama.com/ai/sikaru.html



98点を取って喜ぶか、悔しい思いをするか?

80点を取ってまずまずと頑張りを認めるか、次はもっと頑張ろうねと催促するか?


実は、我が家では1999年8月ごろには、点数をほめたりしかったりするするより、わが子がどれだけ頑張ったかをほめてあげると決めていました。

つまり減点法より加点法を採用していました。

ただ、長男は、きちんと自分の悪かったところを分析でき、対策を立てる子だったので、加点法は有効でしたが、今度は、2番目の子については、あまり無条件に加点法でいくと、ずるずる点数が下がってしまいました。

だから、テスト等で間違ったところをきちんと修正し、今後二度と間違わないようにしっかり復習できるようにしてからはじめて加点法は生きてくるのだと思います。

ママに経験者からのアドバイスです。

点数については、小学校6年生までは、きちっと間違えたところは一緒に問題を解き直してあげてね。
また、子どもによっては、計算の得意な子もいれば、文章表現・芸術表現・スポーツの得意な子もいます。一律に考えないでください。
得意分野の方面では、加点法でどんどん伸ばしてあげてくださいね。
子どもの潜在能力を解き放つのは、両親であり、よき指導者・コーチであるのですから。



怒って落ち込むより、優しく叱るママになれる方法を知りたい方は他にいませんか?

http://www.yasasiimama.com/ai/sikaru.html


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。